3/4

(MON)

福祉施設に車椅子寄贈 東部地域マツダOB会

  • 2023/01/31

 マツダの退職者でつくる「東部地域マツダOB会」(西本達夫代表幹事)は1月17~19日、地域貢献の一環として車椅子を介護支援センターつむぎ(東広島市八本松町飯田、渡邉壽江理事長)に2台、特別養護老人ホームの新生園(同町原)に1台、同市社協安芸津支所(同市安芸津町三津)に2台、計5台を寄贈した。

 17日に「つむぎ」で行われた贈呈式には、利用者や職員など約20人が出席。西本代表幹事が渡邉理事長に目録を手渡した。八本松地区マツダOB会の会長も務める西本代表幹事は「車椅子を使って、元気に過ごしてほしい」と話すと、渡邉理事長は「大切に使わせていただきたい」と感謝した。

 同会は八本松や西条、高屋など7地区出身の退職者で構成され、会員は、2200人。1997年から毎年、社会福祉施設に車椅子を寄贈し、今回を含めて計101台を寄付した。

(山北)

関連する人気記事

新着記事