5/20

(MON)

年末ジャンボ 「10億円当せん」出た! 高屋マックスバリュCC

  • 2023/02/20
10億円の当せんが出た高屋マックスバリュCC(撮影・山北)
10億円の当せんが出た高屋マックスバリュCC(撮影・山北)

 東広島市高屋町杵原の「高屋マックスバリュCC(チャンスセンター)」の宝くじ売り場で、2022年の「年末ジャンボ宝くじ」が約6万4000枚販売された中から、1等と前後賞合わせて10億円の高額当せんが出た。

 1等の当せん確率は2000万枚に1枚の0・000005%で、年末ジャンボで1等が出たのは、県内の宝くじ売り場では初めて。

 同売り場では、14年に「サマージャンボ」で1等前後賞6億円、17年には「グリーンジャンボミニ」で1等5000万円が出ている。小規模店で1等が3本、短期間に続けて出るのは珍しいという。

 宝くじは、1等と前後賞を合わせて3億円が当たる「バレンタインジャンボ宝くじ」と「バレンタインジャンボミニ」が、3月3日まで販売されている。同売り場では、2月1日の発売日に、例年の約3倍の売り上げだったという。

 同売り場を運営するシーエルシー広島支店(広島市中区)の大川哲生支店長は「高額当せんは、一人が連番で買われた可能性が高い。当店で購入してチャレンジしてほしい」と話していた。

 県内で販売された宝くじの収益金は、県の収入になり道路や橋、学校、公園の整備など公共事業に使われている。

(山北)

関連する人気記事

新着記事