4/19

(FRI)

3月19日に全通 東広島・安芸バイパス 大山トンネルで防災訓練 開通前に消防など連携確認

  • 2023/03/06
大山トンネル入り口付近での消火訓練(撮影・𦚰)
大山トンネル入り口付近での消火訓練(撮影・𦚰)

 3月19日に全線開通する国道2号東広島・安芸バイパスで2月27日、国土交通省・警察・消防の関係機関から45人が参加し合同で「トンネル防災訓練」を実施した。

 訓練は、大山トンネル起点側入り口付近で、中型トラックに軽自動車が追突したという想定で行われた。救急隊は、右のふくらはぎを負傷した軽自動車の運転手を救助し、救急搬送。消防隊は、白煙が上がり、多量の燃料が漏れた車の消火活動を行った。

消防車
トンネルの中や入り口付近に設置された消火栓を確認する参加者
トンネルの中や入り口付近に設置された消火栓を確認する参加者

 東広島消防署西分署の奥元武司分署長は、「関係機関が一体となって実践能力を高める訓練となった。事故はいつ起こるか分からない、常に慌てず万全を期したい」と話していた。

 訓練後は、迅速に事故対応できるよう、トンネル内に備え付けられた消火栓や、トンネル入り口の屋外給水栓の操作方法などを確認した。

 東広島・安芸バイパスは国道2号の渋滞緩和を目的に、安芸郡海田町から東広島市八本松町を結ぶ、全長17・3㌔。

(𦚰)

関連する人気記事

新着記事