5/21

(TUE)

通訳案内士の育成を支援 広島国税局 賀茂鶴で酒蔵見学会

  • 2023/04/09
日本酒と料理のペアリング体験
蔵見学
日本酒と料理のペアリング体験(上)と蔵見学(撮影・𦚰)

 日本産酒類の魅力発信に取り組んでいる広島国税局は、酒蔵見学をガイドする通訳案内士の育成を支援するため、3月28日、酒蔵見学会を行った。

 参加した20人は、賀茂鶴酒造(東広島市西条本町)八号蔵を見学。沖永浩一郎杜氏(とうじ)から酒造りの特徴や、歴史などについての説明を受け、熱心に耳を傾けた。実際に数種類の日本酒と料理とのペアリングも体験し、日本酒についての理解を深めた。その後、酒蔵通りと周辺の酒蔵を散策しながら、酒蔵と地域の関わりなどを学んだ。

 参加した広島市安芸区の梶谷裕子さんは「日本酒は魂を込めて作られていることや、ペアリングによる楽しさなどをお客さまに伝えていきたい」と意気込んでいた。

 賀茂鶴酒造の天畠健史営業3課長は「海外からのお客さまが増えており、通訳案内士には日本酒の魅力を正しく伝えていただくことが、今後ますます必要になる。育成には積極的に協力していきたい」と話していた。

(𦚰)

関連する人気記事

新着記事