6/13

(THU)

【東広島市議会News】水を差した不適切発言【一般質問番外編】

  • 2023/06/30

 東広島市議会の第2回定例会で、6月23日に一般質問をした重森佳代子氏(清新の会)の発言が、物議をかもした。市幹部とのやり取りの後、重森氏に不適切な発言があったとして、高垣広徳市長が取り消しを求めた。最後は重森氏も不適切発言を認め陳謝したが、後味の悪さが残った。

記者の目

 決めつけたかのように執行部を愚弄した重森氏の発言は、到底許されるものではない。今回の定例会では、過去最多となる21人が一般質問をしたが、その活発な論戦に水を差した形になった。
 議員には発言の権利が保障されるが、何を言ってもよいということではない。公の議場で、議会の品位を下げる発言は、議員特権を逆手に取った暴言以外の何物でもない。
 印象的だったのは、本来先輩議員の一般質問を「見て学ぶ」はずだった新人議員が、最年長議員の重森氏に冷めた視線を送っていたこと。「反面教師」とすることを学んだことだろう。(日川)

一般質問の様子はこちら
YouTube「東広島市議会本会議場」チャンネル

関連する人気記事

新着記事