6/23

(SUN)

【頑張れ!東広島っ子】板城スポ少 全日本小学生ソフトボール選手権大会に初出場!

  • 2023/07/25

 小学生ソフトボールチーム板城スポーツ少年団は、福島県福島市で開かれる第37回全日本小学生男子ソフトボール選手権大会に県代表として初出場する。
 開催期間は7月29日~8月1日で、全国の48チームが出場。同スポ少の初戦は大会2日目、白河東スポ少(福島県)と広陵町スポ少(奈良県)の勝者と対戦する。

小学生スポーツチーム板城スポーツ少年団がソフトボール選手権大会に初出場
チームのスローガン「がむしゃらに全力プレー」が書かれた旗と板城スポ少のメンバー

エースはピッチャーの女子!

 同大会は、最大3人の女子の出場を認めていることが特徴。板城スポ少のエースピッチャーは6年の末釜優菜さん。女子がピッチャーで全国大会に出場するのは、県では初という。
 6年の野坂咲翔主将は「仲間と一緒に最後まで諦めず、がむしゃらに全力でプレーして優勝したい」と意気込む。藤川高志監督は「チームの良いところは、団結力と勝負強さ。チーム一丸となり一戦一戦を全力で戦い抜き、チーム力で優勝したい」と話していた。全国大会に向けて選手らは、粘り強いバッティングでチャンスに点が多く取れるように、気合を入れて練習に励んでいる。
 同スポ少は、市立板城小の男女1~6年生の15人が所属し、チームカラーは緑。「整理整頓・あいさつ・声出し・礼儀」を大切に週4日楽しく活動している。(山北)

関連する人気記事

新着記事