3/1

(FRI)

【結果発表】あなたの家の『生ごみ』をどれだけ減量できるかコンテスト

  • 2024/01/10

目次

目次

 

『あなたの家の「生ごみ」をどれだけ減量できるかコンテスト』(共催:東広島市役所生活環境部廃棄物対策課とプレスネット)の入賞者が決定しました。

コンテストは2023年8月16日~9月15日の間、家の生ごみを減量し、レポートと写真で応募してもらいました。

みなさんも今日からできそうな『生ごみ減量方法』にチャレンジしてみてください。

毎日のごみ出しが楽になるかもしれませんよ。

【生ごみ処理容器部門】

最優秀賞(1名)

綱掛日出登さん

手づくりミミズコンポストで生ごみ減量」

手づくりのミミズコンポストで、試行錯誤を重ねながら、自分なりの方法で生ごみ減量に取り組まれ、1カ月で約14kgもの生ごみ減量に成功しました。

ごみコンテスト
※クリックで拡大

日々のごみ減量記録をレポートにびっしり書き込まれていました。

【内容】

①古い床下収納と古い浴槽を利用し、その中にピートモス(※1)と小さく切ったダンボール紙を混ぜ、水分を加え、生ごみを入れてシマミミズ(※2)を入れます。

※1 苔(こけ)などの植物が堆積(たいせき)してできた天然の資材で、主に土壌の改良に用いられます。

※2 ミミズの1種。世界に広く分布する種で、ミミズの中でもよく知られたものです。体節の中央が色濃くなって、縞模様に見えるのが特徴。

②シマミミズのエサは、最初メロンにするとミミズが逃げにくくなるようです。

この工程がうまくいかないと、シマミミズが逃げてしまうので細心の注意が必要です。

ごみコンテスト

大根の皮、ナスの皮、ピーマンの種やヘタ、キュウリの切端、玄米茶の茶がら、トマトのヘタ、玉ねぎの皮、いちじくの皮、みょうがの皮、モロヘイヤの茎、バナナの皮など。

ごみコンテスト

それらの生ごみをミミズコンポストに入れることで、

ごみコンテスト

1カ月の期間で、約14kgの生ごみ減量に成功しました!!

優秀賞(3名)

寒河江絢華さん

既製品のミミズコンポストを使用し、1カ月で約5kgの生ごみ減量に成功しました。

ごみコンテスト
※クリックで拡大

藤岡泰生さん・凌生さん

消滅型生ごみ処理容器として注目をあつめる「キエーロ」を使用し、1カ月で約10kgの生ごみ減量に成功しました。

ごみコンテスト

「キエーロ」は黒土を入れて使用し、微生物の力で生ごみを水分と二酸化炭素などに分解することで、生ごみを消滅させます。

ごみコンテスト

原真衣さん

消滅型生ごみ処理容器「キエーロ」とかばん型コンポストを併用し、1カ月で約4.5kgの生ごみ減量に成功しました。

ごみコンテスト

かばん型コンポスト。見た目もスタイリッシュです。

ごみコンテスト

【アイデア部門】

最優秀賞(1名)

岸本康子さん

米ぬかの力で生ごみをたい肥にする」

ダンボールに新聞紙を敷き、小さく切った生ごみと米ぬかを入れて、たい肥にするアイデアで生ごみ減量に取り組まれ、1カ月で約7.5kgもの生ごみ減量に成功しました。

【内容】

ダンボールに新聞紙を敷き、小さく切った生ごみと米ぬかを入れる。生ごみ10に対して、米ぬかは2~3の割合。1日1回以上よく混ぜ、1週間くらいでカラカラになったら出き上がり。庭でたい肥に使うと、植えていない野菜ができることもあります。完全無農薬・有機栽培の自然の恵みをいただきます。

※クリックで拡大

写真だけでなく、イラストも使用して分かりやすくまとめられていました。

優秀賞(3名)

すみあやさん

・ペットのえさに混ぜたり、こどもに食べ物を残さないように教育しています。

天野さなえさん

・プランターと石の重しを使って水分を大幅にカットし、生ごみとして出しています。

つしまひろみさん

・生ごみを新聞の上に置き、外で乾燥させ、まるめてそのまま捨てています。

アイキャッチ

生ごみ減量で表彰 2部門で8組が入賞 東広島市

ラジオ特別番組はこちらから▼

お問い合わせ

共催:東広島市生活環境部廃棄物対策課・株式会社プレスネット

TEL/082-424-9300

E-mail/weekly@pressnet.co.jp

関連する人気記事

新着記事