2/28

(WED)

ロボットで見守り活動 広銀高屋支店がデモ機設置

  • 2024/01/17
コミュニケーションロボット「BOCCO emo(ボッコ エモ)」の使い方を案内する広島銀行高屋支店行員(撮影・高藤)
コミュニケーションロボット「BOCCO emo(ボッコ エモ)」の使い方を案内する広島銀行高屋支店行員(撮影・高藤)

 東広島市高屋町中島の広島銀行高屋支店(河尻隆志支店長)が、生活の課題を抱えた人に気付き、支援につなげていく見守りサポーターの取り組みを始めた。現在、警備サービス会社セコムのコミュニケーションロボット「BOCCO emo(ボッコ エモ)」のデモ機を、行内に期間限定で設置し紹介している。

 ロボットは、「話す」「聞く」の二つのボタン操作で、家族やセコムのコミュニケーターとの会話ができる。河尻支店長は、「一人暮らしで不安を抱える高齢者やその家族、機械操作が苦手な人のコミュニケーションツールとして、店頭で体験してほしい」と話す。設置は1月31日まで。

 将来的には、同市や地域の福祉施設など専門家との連携も計画している。河尻支店長は「気付く活動とつなぐ役割を担いたい。お客さまの異変に気付き見守りが当たり前になるよう、地域に根差す企業として活動を継続したい」と話している。

(高藤)

関連する人気記事

新着記事