4/15

(MON)

大谷選手へ東広島から「ありがとう」 市教委が感謝の手紙集める

  • 2024/02/21
子どもたちの感謝のメッセージを集めて作られた巻物(撮影・山北)
子どもたちの感謝のメッセージを集めて作られた巻物(撮影・山北)

 全国の小学校にグローブを贈った米大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手に感謝の気持ちを届ける会が2月6日、市立中黒瀬小(東広島市黒瀬町、天野竜生校長)であり、5年生の児童約90人が参加した。

 児童を代表して3人が「大谷選手のように高い目標を持ち、目標に向かって頑張りたい」などとそれぞれの夢をスピーチ。全児童が書いた感謝
のメッセージを同市教委の森田聡指導主事に手渡した。

 同市教委が「大谷選手に届けよう1万1000人のありがとう」と題して企画。市内の全市立小学校の児童がしたためた、大谷選手への感謝のメッセージを集めた。A3用紙、約350枚分(約150㍍)のメッセージを3巻の巻物にして、関係機関に届ける。

(山北)

記者の画像

プレスネット編集部

広島県東広島市に密着した情報を発信するフリーペーパー「ザ・ウィークリープレスネット」の編集部。

東広島の行事やイベント、グルメなどジャンルを問わず取材し、週刊で情報を届ける。

関連する人気記事

新着記事