6/19

(WED)

【6月9日まで】東広島でヨハネ・パウロ2世美術館展 ルネサンスから近代まで巨匠作品61点展示

  • 2024/05/31

東広島市制施行50周年を記念したヨハネ・パウロ2世美術館展が、東広島市立美術館で開かれている。6月9日まで。

展示の作品 ジャン=マルク・ナティエ《花の神フローラに扮する女性の肖像》1753 年

ポーランドのヨハネ・パウロ2世美術館で保管されている作品約400点の中から、絵画の中の女性たちに焦点を当てた61点を厳選し、展示している。

展示は第一章「母と子」、第二章「神話と伝説」、第三章「肖像」の3つで構成され、16世紀のルネサンスからバロック、ロココ、近代まで400年間に、巨匠たちが描いた西洋絵画の伝統を見ることができる。流行した女性たちの服装や背景に描かれている風景などから、当時の生活の様子がうかがえる。

作品を鑑賞する来場者

広島市安佐北区可部から訪れた高橋美樹さんは「宗教と融合させた絵の役割がすごいなあと感じた」とじっくり鑑賞していた。

開館時間は、午前9時~午後5時。入館料は一般1300円、大学生900 円、高校生以下無料。月曜日休館。(林)

記者の画像

プレスネット編集部

広島県東広島市に密着した情報を発信するフリーペーパー「ザ・ウィークリープレスネット」の編集部。

東広島の行事やイベント、グルメなどジャンルを問わず取材し、週刊で情報を届ける。

関連する人気記事

新着記事