6/17

(MON)

【東広島市高屋】産官学民で空き家をリノベ 若者と地域をつなぐ交流拠点に

  • 2024/06/14

 東広島市と近畿大工学部(同市高屋うめの辺)は、行政と大学が一体となり地域課題の解決を目指す「東広島市・近畿大学Town&Gown構想」の一環で、空き家を活用したJR西高屋駅周辺のまちづくりの新たな取り組みを開始した。

作業前に近畿大の市川尚紀教授の説明を聞く学生ら

 空き家のリノベーションに取り組むマエダハウジング(本社・広島市中区、前田政登己社長)がJR西高屋駅前通りで管理する築45年で鉄骨造り2階建ての空き家を同社が主導し学生や地域が協力しながらリノベーション。1階をコミュニティスペース・カフェ、2階をシェアハウスにして若者と地域をつなぐ交流拠点にする。2025年3月のオープンを目指す。

1階の床はがし作業をする学生ら

 5月11日には、キックオフイベントを空き家で開き、関係者約100人が参加した。同市の川口一成副市長が「Town&Gown構想のモデルケースとなるように一体となって推進する」、地域代表の菅井晃彦さんは「まちづくり合同会社G11(ジー・イレブン)の設立に向けて準備を進め、地域の魅力や活力を高めていきたい」とそれぞれあいさつ。この後、同大工学部建築学科の学生らがバールなどの工具を使い、1階(2部屋)の床と天井を解体。2階(4部屋)は、ドアやキッチンの取り外しなどリノベーションに着工した。

工具を使い1階の床はがし作業をする学生ら

 同駅周辺は、学生らの通過点としての利用が多く空き店舗や空き家が目立ち活気がない。今後、さまざまな人が交流できる場づくりを進め、駅前周辺を盛り上げていく。

文・写真 山北

記者の画像

プレスネット編集部

広島県東広島市に密着した情報を発信するフリーペーパー「ザ・ウィークリープレスネット」の編集部。

東広島の行事やイベント、グルメなどジャンルを問わず取材し、週刊で情報を届ける。

関連する人気記事

新着記事