6/19

(WED)

吉川智司さん/ カーイノベーション【FM東広島『喫茶897』第35回】

  • 2024/05/27

 FM東広島・毎週火曜日午後6時台に放送している『DOGENSURU NIGHT』内のコーナー『喫茶897』では、東広島の企業・団体の方にお越しいただき、いろいろなお話を伺っています。

 第35回のお客様は、カーイノベーション代表取締役の吉川智司(きっかわ さとし)さん。黒瀬から高屋に移転しても口コミでの集客に繋がっている秘訣などさまざまなお話うかがいました。

 

 

 

 

 

 

東広島に変革の新しい風を

— カーイノベーションについて教えてください

 国道375号線、西条インターから福富方面に向かって近畿大学に向かうT字の交差点、ちょうどその交差点にカーイノベーションの店舗になっております。なので、375号線を走っていただくとわかりやすいかなと思います。

 事業内容としては、一般的なお車の販売。新車・中古車の販売からお車の整備ですね。車検・修理・点検などを行っております。事業を始めておよそ9年になるんですが、5年半まで同じ東広島市ではあるんですけど黒瀬町でやっておりまして、3年ちょっと前に今の店舗に移転しまして営業しております。

 

 

— 吉川さんは東広島出身ですか。

 生まれも育ちも東広島高屋町です。小学校は高屋東小学校、中学校は高屋中学校なのでもうずっと高屋ですね。生まれも育ちも商売をしている今も高屋です。

 

 

— カーイノベーションという名前の由来を教えてください。

 イノベーションという言葉は革新という意味でそういう思いがあってつけた名前ではあるんですけど、いざやってみるとなかなか難しいな、と(笑い)

 

 

 ですが、ちょっとだけ新しい風を起こすことが出来ているんじゃないかなとは思っています。

 

 

— 車についても聞かせてください。車もやはり時代に合わせてどんどん変化しているんでしょうか。

 新しい機能でいえば、皆さんもご存知かと思いますが自動運転ですね。自動運転と一概にいっても実はいろいろありまして、一番分かりやすいところでいえば、安全装置と言われる自動ブレーキの進化、そして、装着率もかなり変わったなと思いますね。

 

 

— 別番組のリスナーから最近はオーディオでCDを入れられないものが多いと聞きましたが、いかがでしょうか。

 CDが標準の車はどんどんなくなっていますね。基本はデータやスマートフォンと接続して音楽を流すとかですね。

 ただ、最近出た車ではちょっと時代と逆行してというか、時代が先に行き過ぎたんじゃないかなということで、「まだCDいるよね」という声が多かったのか、今CDがつき始めているという事実もあります。探してみると新しい車でCDがついているものがあるんですね。

 ちょっと前まではCDが使えるオーディオは標準装備ではなしというのが結構当たり前だったそうで、オプションでつけないと駄目というのが多かったんですね。オプションもつける場所はまちまちで助手席の前だったり上だったりとするんですが、私が一番今まででびっくりしたのが助手席のシートの下というのは見たことがあります(笑い)

 

 

 そもそもCDオーディオをつけるという考えがなかったから苦肉の策でそこしかスペースが無かったのかなと思うこともあります。ご購入ご検討の方はCDが必要だなと思っているなら気にしてみるといいかもしれません。

 

 

今の主流であるSNSではなく口コミという変革

― 嬉しかった思い出や印象に残っている出来事はありますか。

 嬉しかったことは、私は広告宣伝というものを正直あまりしていないんですね。

 だけど、ウチの店がなんでこうしてやれているかというと、お客様がお客様を呼んでいただいている口コミが結構多いんです。

 今は店舗も通りにあって一見さんのようなお客様もいらっしゃるんですけど、やはりお客さんがお客さんを呼んでくださっているというのは本当に嬉しいですね。

 

 

 口コミや来ていただけている理由は明確には分からないんですが、修理や車検でもそうですけど、作業が終わった後にお客様に説明をするというのはどのお店さんでもされていると思います。

 ただその際に、車に詳しくない方にも分かりやすく説明するというのが信頼に繋がっているのかなと思います。今回こういう作業をしましたよというのを出来るだけ分かりやすく、場合によっては交換した部品をお見せすることもあります。「こういう状態だったので交換させて頂きました」としっかり説明させてもらいます。

 そういう一つ一つ丁寧な積み重ねが口コミして頂けている理由なのかなと思いますね。

 

 

― 吉川さんの趣味や好きな事を教えてください。

 車屋さんの趣味で一般的なところでいえばやはり車・バイクじゃないかと。車好きじゃないけど車屋やってますという人はほとんどいないと思いますね。やはり小さい頃から車に興味があって、バイクに興味があってというところから年を取って夢を実現されてる人が多いと思います。

 それ以外でいえば音楽ですかね。今はほとんど聞くばかりですけど、若い時は少しDJなんかもしていた時期もあります。

 

 

当たり前の事を変わらずに当たり前にやり続けられるという変革

― 今後の目標やビジョンを教えてください。

 同じことをずっと続けていくこと、当たり前のことを当たり前に続けていくことが大事なんだとすごく思うので今やっていることは勿論継続してやっていきたいです。

 

 

 大きな新しい事というのはちょっと考えてはいないんですけど、事業規模ももう少し大きくしていこうとは考えてはいます。働いてくれているスタッフをもう少し増やしたいなとかはあります。今は本当に少数精鋭で1人欠けちゃうとどうにもなんないくらいの状況なので。

 

 

ー 吉川さんがカーイノベーションを一言で表すなら何になりますか。

 カーイノベーションの店舗をご覧になったことがある方なら分かるんじゃないかなと思うんですけど、外から見るとちょっと色がありそうだな、インパクトあるお店だなと思われるかもしれませんが、めちゃくちゃ普通のお店なんですよね。

 なので、一言で表すなら、色があるようでないお店、なのかなと。ただ、色がないことを意識はしていて、色はあまりない方がいろんなお客様が入りやすいかなとも思っています。

 

 

― 最後にメッセージをお願いします。

 私が東広島で商売をやらせていただいておよそ9年となります。

 これからもずっとこの東広島でやらせていただこうと思っておりますので、もう10年20年30年と愛されるお店を目指していきますので皆様よろしくお願い致します。

 

 

 

 

私自身、演劇をやっている時もスポーツをやっていた時もとにかく基礎が大事だといろんな人に言われてきました。基礎が無いと技術は成り立たない。今まで出演頂いたみなさんは、基礎をとても大切にされていて、同時に基礎を徹底することは当たり前だと感じていらっしゃる方が多かったように思います。吉川さんも特別なことをするのではなく当たり前のことを当たり前にし続けるということを打ち合わせでは自分の中でも反芻するように繰り返し仰っているのが印象的でした。色がありそうで色のない店だからこそ色んなお客様を迎えられるというのは目から鱗でした。人に紹介したくなるお店カーイノベーションに車の相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

会社情報

カーイノベーション

住所:〒739‐2106 広島県東広島市高屋町稲木304-1

事業内容:中古自動車販売・自動車修理等

 

 

記者の画像

森 新太郎

FM東広島パーソナリティ。広島大学教育学部卒。劇団を主宰し、演出や脚本も務める。

関連する人気記事

新着記事