7/5

(TUE)

地元住人の手で「花さかじいさん広場」完成

  • 2011/03/16
  • 2021/09/22

 

 竹原市高崎町の総合公園バンブー・ジョイ・ハイランドを桜でいっぱいにしようと、公園の清掃活動や桜の管理をする「千本桜植える会」。バンブー公園のグラウンド裏の約100平方mのデッドスペースを「花さかじいさん広場」という名の花壇に生まれ変わらせた。

 昨年10月から作業を開始。草を刈り、土をならし、少しずつこつこつと整備。バンブー公園を毎朝のジョギングコースにしていた須川一男さんや、地元の土木建築工業「山田組株式会社」も協力。ボランティアで土地の整備を買って出た。

 竹原市公園里親制度の認定を受けた中央幼稚園、同園保護者会、須川さん、山田組と同会が管理する。8日にはでき上がった花壇にパンジーやバーベナなど800鉢の花が植えられた。

 千本桜植える会の事務局長・山田素弘さんは「花さかじいさん広場がバンブー・ジョイ・ハイランドの里親制度第1号となりました。まだまだ公園は広い。これに続いて第2号、3号と里親が誕生すればうれしい。みんなの手で公園が自然と美しくなっていけばいいですね」と話していた。(上田愛)

関連する人気記事

新着記事