3/4

(MON)

クラッシャーズ県で初優勝 西日本大会へ

  • 2021/09/15

 

 

 東広島市の軟式野球チーム「CRUSHER’S」(クラッシャーズ)が快挙。第33回西日本軟式野球大会(1部)の広島県大会で初優勝し、本戦へこまを進めた。この大会で東広島のチームが優勝したのは初めて。選手は5月6~9日、奈良県で行われる本戦へ向け、練習に励んでいる。
 県大会には3年連続の出場。1回目は準優勝、2回目は1回戦敗退だった。地区予選などを勝ち抜いた8チームがトーナメントで対戦。決勝の相手は三原市の20代の若いチーム「ROSE」。クラッシャーズは平均30歳だが、年の差を感じさせないプレーで1回に5点先取。
 この後も勢いに乗って得点を重ね、8対1で勝利。
 伊藤正治代表は「初めての優勝でうれしい。本戦では1試合でも多く勝ちたい」と意気込んでいる。
 クラッシャーズのホームページはhttp://www.ikz.jp/hp/crushers1979/          (橋本)

関連する人気記事

新着記事