3/2

(SAT)

200本使って竹原市をPR マツダスタジアムに竹トンネル

  • 2021/09/15

 

 竹原市は市木の竹を使い、広島市南区南蟹屋2のマツダスタジアム外野スコアボード裏に竹トンネルを設けた。

 竹を約200本使用し、竹原市竹工芸振興協会のメンバーが4日間かけ制作。竹トンネルは幅約40m、長さ約8m。青々とした竹の色、風に吹かれササの音は涼しさを演出している。

 4月23日のカープ対ヤクルト戦では、大型ビジョンや特設ブースを使って竹原をPRした。竹原市総務部企画課の中西博也さんは「竹は枯れやすいので、色や質感が変わります。できるだけ早く見に行ってほしいですね」と話している。(出口)

関連する人気記事

新着記事