6/21

(FRI)

4大学でカギのリレー 交通安全リレー広報

  • 2021/07/14

 

 東広島市は同市内4大学と連携し、交通安全の願いを込めた「鍵」を各大学に回している。4月6日の広島国際大学を皮切りに、広島大学、近畿大学工学部、エリザベト音楽大学と鍵をリレー。
 広島国際大学のボランティア部「つぶ」の小田浩太さん(おだこうた)と森本浩夫さん(もりもとひろお)が「車を運転する時には子どもや高齢者に配慮し、心にゆとりを持って運転しましょう」とメッセージを読み上げた。「思いやりのある運転をする」と書かれたペナントを誓いのカギに結びつけ、東広島署の新庄一司交通課長(しんじょうかずし)に手渡した。鍵は各大学のボランティア団体が受け取り、交通安全を呼びかける。(西川)

関連する人気記事

新着記事