5/23

(MON)

秋の味覚収穫「さくら」園児がクリ拾い

  • 2013/10/16
  • 2021/06/16

 

 東広島市八本松町篠の東広島シュタイナーこども園「さくら」の園児ら13人が10月7日、篠地区の自治会長・石田俊彦さん(74)の自宅で恒例のクリ拾いを行った=写真。樹齢30年のクリの大木の下に落ちていた実を見つけると、子どもたちは目を輝かせながら拾っていた。若田崚輔君(6)は、「とげがちょっと痛かったけど、楽しかった」と大収穫のクリを目の前にして満足。
 岩崎寛美園長は「クリ拾いの体験を通して、自然を愛し自然とともに生きる心を育んでいきたい」と貴重な体験を喜んでいた。(森)

関連する人気記事

新着記事