2/24

(SAT)

祝600万人 国際線利用者

  • 2023/03/02

 

 三原市本郷町善入寺の広島空港は、1993年10月に開港以来、1月20日に国際線の累計利用者が600万人に達した=写真。600万人目となったのは、チャイナ エアラインの台北行きCI113便に搭乗した小形洋さん。県空港振興協議会は、記念式典で小形さんに記念品と花束を贈った。また、同便の搭乗客全員にも記念品が配られた。
 小形さんは「海外出張が多く、広島空港は100回以上利用していますが、600万人目と言われて驚いています。今日は台北で乗り継いでベトナムに出張です」と話していた。
 国際線はソウル、大連、北京、上海、成都、台北、グアムの7都市への定期路線があり、チャーター便も含め、昨年4月から12月末までの利用者は22万9248人。(三島)

新着記事