9/29

(THU)

手作り発電機に笑顔 中電東広島営業所のイベント 小学生ら150人が参加

  • 2014/08/07
  • 2021/05/26

コイルを巻いて発電機を作る参加者

 

 中国電力東広島営業所は8月1日、東広島市鏡山の広島サイエンスパーク内にある中国電力エネルギア総合研究所で、夏休み「わくわくE―スクール」を開いた。午前と午後の2回で、東広島市内の小学生とその家族計約150人が参加。発電の仕組みなどの話を聞いた後、コイルを巻いて、LEDのランプを光らせるミニ発電機を作った。
 参加した東広島市立高屋西小学校5年の湊青空さんは「自分の巻いたコイルで赤と青の色の光がつきうれしかった。自由研究にしてみたい」と笑顔で話した。
 このほか太陽光発電システムの見学や電気自動車の試乗、50万ボルトまで上げた電気を放電する雷実験などが行われた。(西村)

関連する人気記事

新着記事