6/19

(WED)

「中学生でもソフトボールを」 県内初の中学女子チーム 広島プリンセス発足

  • 2021/05/11

福井代表(右から2人目)とプリンセスのメンバー

 

 広島県内で初めての中学女子ソフトボールクラブチーム「広島プリンセス」が発足し3月1日、東広島市河内町の入野地域センター多目的ホールで、志和や三原などから集まった10人の選手が初練習を行った。
 市内の中学校で女子ソフトボール部があるのは松賀中学校のみで、続けたくても諦める、または学区を超えて続けている現状をふまえ、女子小学生のソフトボールチーム・東広島プリンセス監督の福井雅俊さん(45)が代表兼監督として指揮を執ることとなった。「環境を整えることがこの先のソフトボールの繁栄につながると思っている。選手たちを自分の子どもと思い責任をもって育てていきたい」と意気込んでいる。
 松賀中1年生で初代キャプテンの 橋和さん(13)は「リーダーとしてチームのためにできることを精いっぱいやりたい」と抱負を語った。チームは礼儀、感謝、忍耐を基本に、高校ソフトで活躍できる技術・人格を育成することを目的としている。
 練習は土日祝日に、同市高屋町杵原の都築学園東広島グラウンドで行う。問い合わせは福井代表090(3745)5971へ。(新海)

関連する人気記事

新着記事