6/23

(SUN)

自転車事故の怖さ訴え スタントマンが再現

  • 2021/05/11

自転車ごと乗用車にはねられる場面を再現するスタントマン

 

 東広島市高屋うめの辺の近畿大学附属広島高等学校・中学校東広島校で5月29日、自転車交通安全教室が開かれ、同校の中・高生1001人が参加した。JA共済連広島県本部、広島県警察本部、東広島警察署、同校の主催。
 生徒らの前で、プロのスタントマンが、飛び出した自転車ごと車にぶつかる場面、トラックの死角にいたためひかれる場面、自転車が乳母車にぶつかり人形の赤ちゃんが飛ぶ場面などを再現。生徒たちからはどよめきが起こった。
 中学1年の簑田捺希さんは「実際に目の前で見て、怖いと思った。スタントの人が起き上がれなかったのを見て、本当に心配した。ルールを守って行動したい」と感想を話した。
 JA共済連広島県本部の山下隆敏副本部長は「気を付けないといけないポイントを再確認し、日ごろから安全の意識を持ってほしい」と呼び掛けた。  (西村)

関連する人気記事

新着記事