9/25

(SUN)

女性の再就職を手助け マザーズ就職面接会に40人

  • 2017/10/16
  • 2020/12/16

個別ブースで企業の担当者から話を聞く参加者

 

 東広島市雇用対策協議会(東広島市、ハローワーク広島西条、東広島商工連絡協議会の3者で組織)が主催する「マザーズ就職面接会」が9月29日、同市西条西本町のサンスクエア東広島のアザレアホールで開かれた。ハローワーク広島西条にマザーズコーナーが開設された平成26年から毎年開かれていて今回で4回目。
 主に女性の就職・再就職を応援するもので、市内で事業を展開する15社が参加。市内外から就職を希望する40人が集まった。会場内には各企業の採用担当者と直接話ができる個別ブースが設けられた。参加者はそれぞれ複数のブースを訪れ、担当者から仕事内容や勤務条件などを熱心に聞いていた。
 広島西条公共職業安定所の岩本雄二所長(57)は「東広島市の求人倍率は引き続き高水準で推移し、人手不不足が課題になっている。結婚や出産で仕事を辞めた女性の社会進出への手助けができたら」と話していた。(茨木)

関連する人気記事

新着記事