4/20

(SAT)

今は昔 東広島市中央公民館

  • 2021/10/27

2016(平成28)年3月に撮影

 

2018(平成30)年10月7日14時頃に撮影

 

 昭和49年、東広島市の誕生時、芸術・文化の拠点として活動を始めたのが、市中央公民館です。平成28年に誕生した「くらら」にその役割を引き継ぎ、姿を消しました。跡地はしばらく更地のままでしたが、平成30年には「西条駅前にぎわい広場」として利用が始まり、今年の酒まつりでは「酒ひろば」の会場となりました。初日が中止となったため、2日目は開場前から詰めかけた人が二重の行列をつくりました。

船越雄治

関連する人気記事

新着記事