8/8

(MON)

子ども服を難民に届けよう!ユニクロのスタッフが授業

  • 2019/08/02
  • 2022/03/16

児童に服の持つ力などについて説明をする余さん

   

 ユニクロが展開する子ども服を難民の人々に届ける活動〝届けよう、服のチカラ〟プロジェクトの授業がこのほど、東広島市八本松町の市立吉川小で全児童59人を対象に行われた。
 講師として学校を訪問したのは、ユニクロ東広島店の田中絢子店長、社員の余常在さんと東敬二さん。余さんの、「なぜ服を着るの」という質問に、児童たちは「体温調節できる」「体を守るため」などと発表。余さんは「命を守り、人が人らしく生きる」ことができるのが「服の力」と強調した。余さんは、破れた服などを着る難民の子どもの写真を、子どもたちに見せながら、「約6850万人以上いる難民の半分以上は子どもたち。着なくなった子ども服を難民の子どもたちにプレゼントしよう」と呼び掛けた。
 6年生の光川凛さんは「難民の多さにとても驚いた。1人でも多くの人に笑顔になってほしい」、保村天音さんは「少しでも力になれるように、たくさんの服を届けたい」と話していた。

続き>> http://www.pressnet.co.jp/article/190801_06.php

関連する人気記事

新着記事