3/2

(SAT)

樹液に夢中!

  • 2021/10/13

8月2日、東広島市高屋町で撮影

 

 昼なお暗いやぶの中から甘酸っぱい香りが漂ってきます。香りをたどって行くと、アベマキの大木が立っていました。高さ3mの位置に傷があり、そこが甘酸っぱい香りの出口です。すでに3匹の昆虫が取り付いて樹液を吸っていました。出口が1カ所だと奪い合いのけんかとなるのですが、3カ所あるので程よい間隔を空けて仲良く吸えるのでしょう。上から角が折れたカブトムシの雄、雌、カナブンです。

(フォトリポーター 船越雄治)

関連する人気記事

新着記事