5/18

(SAT)

老柿

  • 2021/09/29

11月23日、東広島市西条町で撮影

 

 今年は柿のなり年なのか、鈴なり状態の柿の木をあちらこちらで見掛けます。中でも私が感銘を受けたのが、丘の上に立つ一本の老木です。木の大きさと、全ての枝が枝垂しだれていることから、樹齢200年以上と思われます。若木に負けずにたくさんの実を付けて、スックと立っています。その姿に感動して、日没寸前の夕日を浴びる姿を撮影しました。

(フォトリポーター 船越雄治)

関連する人気記事

新着記事