5/18

(WED)

チャリティーゴルフ大会開催  災害復興へ130万円寄付  東広島建設業協会

  • 2019/12/26
  • 2020/09/23

 

 東広島市内の建設会社や関連企業61社でつくる東広島建設業協会(上垣健会長)は11月29日、西日本豪雨災害の復興のためのチャリティーゴルフ大会を東広島市高屋町の賀茂カントリークラブで行った。市民や同協会の会員約200人が参加。クラブハウスの出入り口には、東広島建設業協会が復興作業にあたった時の写真を展示した。

 同協会に所属する24社からの協賛金に参加費の一部を加えた金額から賞品代を差し引いた126万7686円を市に寄付。大会後の懇親会で、上垣会長が高垣広徳市長に寄付金の目録を手渡した。

 上垣会長(64)は「西日本豪雨災害後、復興で苦労している人を忘れてはいけない。地域に貢献をしたいという会員の意識が強くなっている。協会として東広島市のまちづくりに貢献していきたい」と話していた。

 同協会は、西日本豪雨災害の復旧支援金として、昨年11月にも東広島市に寄付をしている。(石田)

関連する人気記事

新着記事