12/9

(FRI)

シモバシラに霜柱

  • 2020/01/16
  • 2021/09/29

12月13日、東広島市高屋町造賀で撮影

 

 「シモバシラに霜柱が…」と、この時期ニュースで報じられます。シモバシラはシソ科の多年草で、茎が枯れ冷え込んだ朝に氷の花が咲いたように変身します。根は生きていて、地中の水分を吸い上げ水が凍って茎からしみ出て、氷のオブジェ「氷の花」になります。名前の由来も、冬に霜柱の花を咲かせるからです。花言葉は「けなげ」。

(フォトリポーター 井川良成)

関連する人気記事

新着記事