10/6

(THU)

白い妖精 ミズバショウ

  • 2020/04/30
  • 2021/09/22
4月4日、東広島市西条町で撮影

 

 4月4日は二十四節気の「清明」。全てのものが清らかで、生き生きとするころとされます。雑木林に囲まれた湿地に15株ほどのミズバショウが生えています。いくつかの株に愛らしい純白の花が咲き、山あいに春の訪れを告げています。サトイモ科の多年草。葉が変形してできた白い「仏炎苞(ぶつえんほう)」が中央の黄色い棒状の花を優しく包んでいます。各地でこの花が咲くと「白い妖精」の見出しでニュースになるほど注目される花です。花言葉は「美しい思い出」、「変わらぬ美しさ」。

(フォトリポーター 井川良成)

関連する人気記事

新着記事