9/27

(TUE)

亜麻色の美しいサギ

  • 2020/06/04
  • 2021/09/22
5月19日、東広島市河内町入野で撮影

 

 コサギに近い小さなサギ(体長50cm)で、夏羽は頭、胸と背中の一部が亜麻色に変わるのがアマサギの名前の由来です。すぐに連想するのが「亜麻色の髪の乙女」。昔は西条盆地でもトラクターのすぐ後ろをついて歩き、餌を取る姿を多く見掛けましたが、他の地域に移動したのかもしれません。田植えの済んだあぜで好物のカエルを捕らえ、満腹になると近くの木に止まり、羽繕いをしながら休憩。警戒心が強く、なかなか至近距離での撮影が難しいサギです。

(フォトリポーター 井川良成)

関連する人気記事

新着記事