7/22

(MON)

  • 2021/03/24

 

全国大会に出場する選手とその関係者ら

 

全国大会に出場する、東広島市内の小中学生の平成28年度壮行会が8月12日、東広島市西条栄町の東広島市役所で行われ、17人が健闘を誓った。
 壮行会では、各学校の指導者らが大会出場の経緯を蔵田義雄東広島市長と津森毅教育長に報告。報告を受けた蔵田市長は「体調管理に気を付けて全国の舞台で活躍して」、津森教育長は「練習で身に付けた力を信じ、全国では最高のプレーを」と選手らを激励した。
 陸上競技で全国大会に出場する高屋中3年生の櫛田亘平君は、選手を代表して「こうして全国大会に出場できるのも、多くの人の支えがあったからこそ。感謝の気持ちを忘れず、練習の成果を発揮し、頑張ってきます」と力強く宣言した。=写真

 

全国大会に出場する選手は次の通り。
【第47回全国中学校卓球大会(8月21~24日)】八本松中(垣内啓佑、高橋慶任、土居準弥、大貫凜太郎、今中崚太、岩西大地、新山周平、古土瑠依)【第43回全日本中学校陸上競技選手権大会(8月21~24日)】高屋中(西川正真、櫛田亘平)【第47回全国中学校柔道大会(8月17~20日)】高屋中(大垣麟太郎)【第46回全国中学校相撲選手権大会(8月20~21日)】安芸津中(魚本圭人、魚本新太、松田仁、早田健太郎<魚本圭人は個人戦にも出場>【“日清カップ”第32回全国小学生陸上競技交流大会(8月19~20日)】板城小(柏原早希)、高美が丘小(桑原藍)

関連する人気記事

新着記事