6/15

(SAT)

家づくりのアドバイス「車」

  • 2022/12/14
▲耐風圧、耐積雪強度が高く、リーズナブルなカーポート「ネスカ」
若田緑地建設 若田隆治社長

車をどう止める? 快適に駐車したい

霜対策にカーポート

将来見据え2~3台分確保を

 後から車庫を拡張するとなると、それなりの費用がかかるため、家づくりでは、将来のライフスタイルや家族構成の変化なども考えて、車2~3台分のスペースをあらかじめ確保しておくことをおすすめします。

 東広島では、霜対策としてカーポートを付ける人が多いです。カーポートは商品バリエーションが豊富。耐風圧・耐積雪強度を加味して、家の外構デザインにマッチしたものを選びましょう。近年では、フラットな屋根ですっきりしたデザインが人気です。隣の敷地に雪が落ちてしまうこともあるので、雪止めを取り付け、隣との境界に気を付けた設置を心掛けたいですね。

 一番大切なのは、施工後もメンテナンスしてくれるメーカーと施工会社を選ぶこと。価格だけで決めるのではなく、信頼できる会社に安心・安全で、納得のいく施工をしてもらいましょう。


車好きの人にはビルトインガレージ

収納スペースの一つとしての検討も◎

 家の1階部分に駐車スペースを取り込んだビルトインガレージは、車好きの人や駐車スペースが確保できない都市部の狭小住宅地の人に、特に選ばれています。

 愛車を風雨や太陽による劣化から守ってくれる他、家と車の距離が近いので、雨にぬれずに乗り降りできるメリットもあります。また、ロードバイクや自転車、サーフボードやゴルフバッグ、キャンプ用品などの置き場所としても重宝できるので、収納スペースの一つのアイデアとして検討してみても。ビルトインにすることで1階部分の居住スペースの配置が限られるため、間取りの計画はしっかり立てることが大切。家事動線や外観のデザインなどを吟味することで、より一層、住んで楽しい家になります。

▲愛車の並ぶビルトインガレージ。趣味のスペースとして活用する人も多い
創建ホーム東広島支店 田邉俊雄設計課課長
▲趣味の作業場所としても使えるガレージ「スタイルコート38-60タイプ」

関連する人気記事

新着記事