3/4

(MON)

栗の赤ちゃん【東広島フォトリポート】

  • 2022/07/03
栗の赤ちゃん

 栗の花の撮影に出掛けました。長さ15㌢ほどのブラシのような花をどう撮るか迷っていると、長い房の根元に小さな丸い粒があることに気付きました。

 接写レンズで拡大してみるととげに包まれていました。直径7㍉ほどの栗の赤ちゃんです。

 赤ちゃんの頃からとげで守られていることに初めて気付きました。

フォトリポーター 船越雄治
6月19日、東広島市西条町で撮影

棚田を彩るミモザが見頃

棚田を彩るミモザが見頃【東広島フォトリポート】

 棚田ののり面が、パッと明るく、鮮やかな春色に変わっています。いくつもの黄色いくす玉のような花を、枝先まで無数につけたミモザです。近付くとソフトで柔らかな香りがします。ミモザは3月8日の「国際感謝デー」に、女性に感謝を伝 […]

青いアオザイ

青いアオザイ【東広島フォトリポート】

 ベトナムの旧正月・テトを祝うイベントが5年ぶりに開催されました。日本人にはベトナムの旧正月を、ベトナム人には祖国と日本の両方の正月を楽しめるようなプログラムが多数用意されていました。アオザイを着た、広島大学に留学中の7 […]

仲良く日光浴

仲良く日光浴【東広島フォトリポート】

 広島県が準絶滅危惧種に指定しているハヤブサが2羽そろって日光浴する姿を見掛けました。場所は東広島市役所の東壁の最上部です。ここは冷たい西風にさらされることがないうえ、腹には朝日が当たり、背中には壁の熱が伝わってくるので […]

幸せにと、ユキワリイチゲ咲く

幸せにと、ユキワリイチゲ咲く【東広島フォトリポート】

 ユキワリイチゲ(雪割一華)の花は3㌢余りの白または薄紫で、葉は汚れたような濃い緑をしています。この花に出合って以来、この時季に撮影したのは初めてです。寒い冬をじっと耐え、光を求めて咲くいじらしくかれんな花。花言葉は、幸 […]

早や越冬から目覚め

早や越冬から目覚め【東広島フォトリポート】

 2月4日立春の日、白菜を採りに行くと、2匹のナナホシテントウ(七星天道)がいました。冬ごもりしていた虫たちが目覚めるころとされる24節気の啓蟄(けいちつ)まで、まだ1カ月もあります。撮影していると、いつも飛んで逃げられ […]

 

関連する人気記事

新着記事