2/1

(WED)

市立板城小にテントを寄贈 広島信金西条支店 アクセス

  • 2023/01/17
  • 2023/01/15

 広島信用金庫西条支店(東広島市西条昭和町、竹野下真一支店長)と土木関連専門会社のアクセス(本社・同市安芸津町風早、河野美樹社長)はこのほど、市立板城小(東広島市西条町森近甲、中岡正弘校長)の創立150周年記念を祝い、学校用テント1張を寄贈した。

 同行では、地域社会の貢献を目的とした寄付・寄贈を行う「SDGs私募債」を取り扱っている。SDGsに関連した地域社会に貢献するという趣旨に、同社が賛同し私募債を利用。金融機関が受け取る私募債発行手数料の一部を使用して寄付した。

 同小の玄関前広場で行われた贈呈式には、児童や関係者約70人が出席。河野社長が中岡校長に目録を手渡し、「持続可能な社会を目指し、地域貢献などに取り組んでいる。テントを有効に使ってもらえれば」とあいさつ。中岡校長は「学校用テントは学校行事などにおいて必要不可欠。さまざまな行事で末永く使っていきたい」と謝辞を述べた。児童を代表して6年の永田翔生斗君は「暑さや雨をしのぐテントを大切に使わせてもらいます」と感謝した。

(山北)

関連する人気記事

新着記事