5/22

(SUN)

「いい歯」の人や作文表彰 歯科衛生連絡協と歯科医師会

  • 2013/12/04
  • 2021/06/09

 

 東広島市歯科衛生連絡協議会と同市歯科医師会は11月9日、東広島市西条町土与丸の東広島保健医療センターで8020達成者と「いい歯」の作文コンクール入賞者の表彰式を行った。
 8020達成者は、80歳になった時自分の歯を20本残していた人のことで、ベストエイジ(最高齢)賞に2人、ベストティース(最多本数)賞に3人、ベストケア(最多健全歯)賞に2人が選ばれ、表彰された=写真上。
 いい歯の作文コンクール表彰では小学校、中学校の部門のそれぞれ1作品を表彰=写真下。小学校の部で教育長賞を受賞した西条小学校1年の鈴木ひらりさんは「歯医者に行って歯のないおじさんと話した時のことを書いた」、中学校の部で同賞を受賞した向陽中学校2年の小畠基暉さんは「これからも歯を大切にして、ずっとこの歯でおいしく食事をしたい」と話していた。(越智)

関連する人気記事

新着記事