4/14

(SUN)

防火基準クリアの施設に表示マーク 東広島市消防局管内はホテル賀茂川荘が第1号

  • 2021/05/26

 

 防火基準に適合したホテルや旅館に掲示する全国統一の新たな表示制度が8月1日から始まった。東広島市消防局管内では、竹原市西野町西湯坂のホテル賀茂川荘が第1号となり、7月25日、竹原消防署で交付式が行われた=写真。
 マークは2012年5月に発生した福山市のホテル火災を受け設けられた。対象となる建物は収容人数30人以上3階以上のホテル・旅館。
 宿泊施設からの申請を受け、「消防法令」「重要な建築構造等に関する基準」に適合するかを各消防機関が審査する。
 銀の表示マークは1年間有効で、3年連続で取得すると金の表示マークとなり有効期間が3年に延びる。
 ホテル賀茂川荘は8月1日、フロントへ銀の表示マークを掲示。同ホテルは屋内消火栓を新しくしたり、避難訓練を行ったりして防火への意識を高めている。(橋本)

関連する人気記事

新着記事