9/27

(TUE)

校内スペースをおしゃれに 「三永フラワーロード」 市立三永小

  • 2017/12/12
  • 2020/12/03

 

東広島市西条町の三永小(古山礼子校長、281人)の緑化委員会に所属する6年生7人が10月28日校内に「三永フラワーロード」を作った。
「三永フラワーロード」は、体育館前の空き地に生える雑草対策として、緑化委員会児童が発案した。長さ約16㍍、幅約4㍍のスペースに敷石とプランターを置いて、外国の宮殿のようにおしゃれに飾りたいと、デザインとネーミングを決定。ホームセンターのコメリ(本社・新潟県新潟市)の緑化基金の助成を受けて、同社豊栄店から花苗や土、敷石を調達した。児童の他、コメリ豊栄店長や保護者ら計16人がビオラやパンジーなどの花の苗の植え付けを行った。
緑化委員長の丸川美空さん(12)は「眺めた人がうれしい気持ちになる場所が完成したと思う」、古山校長(57)は「児童が主体となって活動し、空き地が素晴らしい空間になった」と目を細めていた。11月19日の学習発表会で保護者にもお披露目される予定。(村岡)

関連する人気記事

新着記事