9/27

(TUE)

水辺のキノコ

  • 2020/05/28
  • 2021/09/22
5月5日、東広島市福富町で撮影

 

 春、湿地に堆積した落ち葉から発生するキノコ、カンムリタケ(冠茸)です。冷たくてきれいな水がチョロチョロ流れる場所に群生します。高さは成長すると5cmくらい、頭部は鮮やかな山吹色、柄は半透明でガラス細工のようです。一面にマッチ棒を刺したような、黄金色の花畑が広がっています。

(フォトリポーター 井川良成)

関連する人気記事

新着記事