6/23

(SUN)

2色のマムシグサ【東広島フォトリポート】

  • 2023/05/14
2色のマムシグサ

 マムシグサの花(仏炎苞)は、色の変化が大きいと図鑑に書いてあります。

 実際に群落で確かめると、濃紫色から緑色までさまざまな色がありました。その中で白に近い花が1株だけ咲いていました。

 比較のため濃紫色の花と並べて撮りましたが、両者の色の濃さが違い過ぎて露出調整に苦労しました。

フォトリポーター 船越雄治
4月11日、東広島市福富町で撮影

小さなアイドル、スッポンの赤ちゃん

小さなアイドル、スッポンの赤ちゃん【東広島フォトリポート】

 生き物が大好きな近所の小学生の3人兄弟が、スッポンの赤ちゃんを見せてほしいと言うことで、みんなで観察会をしました。まず大きさは親指と人差し指で作った丸くらい。金色に縁どられた目、甲羅表面に触ったり腹甲を調べたり。ひっく […]

復活むしろ鳥居

復活 むしろ鳥居【東広島フォトリポート】

 かつて西条以上に栄えた白市では、市が立つ日にむしろで作った鳥居が道の上に建てられました。牛馬商と露天商が争わないように、目印として設置されましたが、今では写真に残るだけです。白市町家保存会は、このむしろ鳥居を復活させ、 […]

巣材集め

巣材集め【東広島フォトリポート】

 高屋町を走っていると、ツバメが群舞する田んぼがありました。ツバメは次々と田に舞い降りて、口いっぱいに土をくわえて飛び去ります。田んぼは柔らかい土が取り放題です。周りにも田んぼはあるのに、ツバメたちはこの田にだけ飛来しま […]

早苗田に映える赤ソバの花

早苗田に映える赤ソバの花【東広島フォトリポート】

 周りの田んぼは田植えも終わり、緑が濃さを増し元気に育っています。一般に夏ソバは白い花を咲かせますが、地主さんに聞くと秋に収穫した赤ソバのこぼれ種が発芽し、満開になったそうです。里山に広がる早苗田に映える赤ソバの花が撮影 […]

楽してグルメ

楽してグルメ【東広島フォトリポート】

 チュウシャクシギは潮が引いた砂浜を歩き回ってカニを捕まえますが、群れを外れた1羽が、カキ殻が集められている場所に現れ、カキ殻の隙間に長いくちばしを差し込んで、残っているカキの身を食べ始めました。カニを追いかけても逃げら […]

 

関連する人気記事

新着記事