7/18

(THU)

谷川和穂氏にお別れ 500人が参列

  • 2021/01/13

多くの市民が参列した谷川氏のお別れの会

 

元自民党衆院議員で、6月8日に87歳で亡くなった東広島市志和町出身の谷川和穂さんの「お別れの会」が7月21日、東広島市西条町西条東のさいきフォレストホールで行われた。政財界の関係者をはじめ、市民たち約500人が参列し、広島大の統合移転や新幹線東広島駅の新設など、東広島市発展の礎を築いた功労者との別れを惜しんだ。

 

高村正彦自民党副総裁が会の実行委員長を務めた。

 

谷川さんは、1958年の衆院選で、当時全国最年少の27歳で初当選。防衛庁長官、法務大臣などを歴任した。2003年に政界を引退。

(橋本)

関連する人気記事

新着記事