8/13

(SAT)

復旧復興の加速化へ向けて 高垣市長と地域住民が意見交換【西日本豪雨災害】

  • 2020/01/16
  • 2020/08/24

西日本豪雨災害復旧復興の意見交換

 

 高垣広徳東広島市長は昨年12月25日、西日本豪雨災害の被災農地を中心に、東広島市内4カ所を回り、地域住民との意見交換を行った。
 八本松東2丁目では、坂瀬川水利組合の佐々木哲郎代表理事が、豪雨で農業用水路の堰(せき)が壊れたことにより、ポンプを使い手動で農地に水を供給していた状況を、写真など交えて市長へ伝えた。
 市長は「県と連携を取りながら、早期に復旧できるよう進めたい」と話し、佐々木代表は「市長と直接話せたことで少し安心した。災害の復旧に優先順位があるのは理解しているが、稲は待ってくれない。1日も早く復旧してほしいのが本音」と話していた。
(小松)

▼【プレスネット特集】西日本豪雨災害 復旧状況は?」

 

関連する人気記事

新着記事