7/25

(THU)

家賃支援給付金(仮称)の創設について

  • 2020/08/25

持続化給付金により手当てを行ってきたが、新型コロナウイルス感染症を契機とした5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の急減に直面する事業者(1カ月で見て、売上が前年同月比で50%以上減少、又は連続した3カ月間で見て、売上が前年同期比で30%以上減少)を下支えするため、店子に対して支給する「家賃支援給付金(仮称)」を創設する。

給付率は2/3、給付上限額(月額)は法人50万円、個人25万円とし、6カ月分をまとめて給付する。加えて、複数店舗を所有する場合など、家賃の総支払額が高い者を考慮して、上限を超える場合の例外措置を設ける(月額家賃のうち上限超過額の1/3を給付することとし、給付上限額を法人100万円、個人50万円に引き上げる)。

∇詳細は「経済産業省 ミラサポplus」へ
 https://mirasapo-plus.go.jp/infomation/5846/

関連する人気記事

新着記事