12/7

(WED)

【2選を決めた高垣市長に聞く】先端技術活用し周辺部にも光を

  • 2022/02/02
  • 2022/02/02


東広島市長選は1月30日、投開票が行われ、現職の高垣広徳市長(68)が2選を決めた。高垣市長に今回の選挙戦を振り返ってもらい、2期目に臨む決意などを聞いた。


―初当選した前回選挙より、約2000票上乗せされました。
1期目の評価と、2期目への期待を込めた票だと思っている。裏切ることのないよう、しっかりと市政を運営していきたい。 一方で、相手候補は、告示直前の立候補表明だったにもかかわらず、短期間で5600票を獲得した。候補者への支持以外に、私の1期目への評価も表れており、重みのある数字だと受け止めている。

―投票率は過去最低の25・52%に終わりました。

コロナ禍の環境下では、やむを得ない数字で、過去の投票率と比較論をしても仕方がない。ただ、そうした環境下でも25%はリスクを覚悟で投票した人たちで、政治的に意識の高い人たちだと思っている。25%の層をどう広めていくかが、投票率アップへの課題だろう。 一方、今回の選挙では、政治的な関心は、人と人が接触するなかで高まっていくことを再認識、一人一人と接触する従来型の、いわゆるどぶ板が、選挙の基本だと強く感じた。SNSだけでは、投票率を上げる武器にならないことも分かった。

―2期目で取り組む施策は。

選挙戦では、6つの重点施策を掲げて戦ったが、一番は市民の命と暮らしを守る体制を整備したい。ハード面では、土砂災害を想定し、砂防・治山ダムを計画的に整備する。黒瀬川の治水にも乗り出す。黒瀬川上流域は、市街化調整区域内であっても都市化が進展している。その際に雨水をためる調整池を造らないまま開発が進んでいるケースもある。市で調整池が造れるよう用地交渉を行い、総合的な治水を図っていく。

ソフト面では、危険地域に住んでいる人たちに、DX(デジタルトランスフォーメーション)を活用して、災害がダイレクトに伝わる仕組みを構築する。地域医療については、医者の確保が大きな課題。広島大と連携しながら、医療人材を、地域エリアで整備できるようにしていく。

2番に挙げたのは仕事づくり。1期目に続いて全力を尽くす。ハイビズをさらに強化し、中小企業者を支援するし、新たな企業立地にも力を注ぐ。農業については、米だけでは収益を上げることが難しい時代。野菜や果物と複合した付加価値の高い農業を、観光との融合を図りながら進めていく。

―都市と周辺部との地域間格差も課題です。

格差は、これまで都市と周辺部のインフラ整備の差をみて、比較論として論じられてきた。ただ、私は、コロナ禍で価値観が変わり、周辺部の持つ豊かさが再評価されるべきだと思っている。

例えば、周辺部の古民家を借りて、パソコンを使って遠隔授業を受けている大学生も出てきている。豊かな自然に、先端技術を活用すれば、中山間地域にも光を当てることができる。

まずは福富町に、民間企業と協力して「生活デザイン工学研究所」を設け、先ほど話した農業もそうだが、地域にある課題を先端技術で解決できる方法をデザインし、人口が減少している地域に、若い人たちが入ってくる展望を示したい。



 


 


🔍最新の東広島ニュース

【WEBでFM東広島】動物愛護写真展

2022年12月7日FM東広島で放送した 広報番組「東広島日和」です。今日は「美術館コレクション展」「親子わくわく講座」「動物愛護写真展」についてです。 広報番組「東広島日和」/東広島市提供放送時間:17時54分 パーソ […]

新型コロナイメージ

【まとめ】東広島市民が知っておきたい新型コロナ関連ニュース

国、広島県、東広島市の取り組みや、市民アンケート結果など、東広島市民が知っておきたい新型コロナウイルス関連ニュースをまとめています。 (随時更新)   東広島市内、最新の新型コロナ感染状況は東広島市役所ホームペ […]

covid

【速報】新型コロナウイルス 東広島市255人の感染を確認(12月7日発表)

令和4年12月7日17時00分現在、東広島市で38,505~38,759例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。 広島県が患者の行動歴や濃厚接触者を把握するための調査をしています。本市で確認された事例について […]

 

関連する人気記事

新着記事