10/2

(SUN)

水道の検針業務の気付きを情報提供 東広島市と第一環境が連携協定

  • 2022/08/12
  • 2022/08/12
協定書を手に記念撮影する高垣市長(右)と岡地社長(撮影・林)
協定書を手に記念撮影する高垣市長(右)と岡地社長(撮影・林)

 東広島市と水道検針業務を営む第一環境(本社・東京都港区、岡地雄一社長)が7月12日、包括連携に関する協定を締結した。締結式は同市市役所であり、高垣広徳市長と岡地社長がそれぞれ協定書に署名した。

 連携事項は、▽子どもや高齢者の見守りなど、地域福祉の向上に関すること▽道路破損などの情報提供に関すること▽不法投棄と思われる廃棄物などの情報提供に関すること▽防災および災害発生時における相互協力に関すること―など。

 署名後、高垣市長は「日頃の水道メーターの検針業務の際、ちょっとした気付きを情報提供していただくことは、市民の安全確保、福祉サービスにつながる大変貴重でありがたいことだ」と感謝を述べた。

 岡地社長は「水道事業は人々の日常の暮らしと一体のもの。地域の人々と密接につながることで、優しい未来都市の実現に向けて貢献したい」と話していた。

(林)

関連する人気記事

新着記事