5/17

(TUE)

松賀中 俳句の出来栄え競う

  • 2013/11/06
  • 2021/06/09

 

 

 東広島市西条町御薗宇の市立松賀中学校(西田俊徳校長)は10月27日、第29回文化祭の中で俳句のコンテストを行った。各学年が赤・青・黄団に分かれ、代表優秀句を9句選び、それぞれ先鋒(せんぽう)・中堅・大将の句を決めた。作者が舞台に上がり、句に込めた思いを説明=写真。東広島俳句協会やPTAなどの10人の審査員の上げる旗の数で勝敗を決定。部活動の風景を詠んだ「剛速球 秋風切って うなりくる」や受験を控えた3年生の「引退のグランド淋し 秋は行く」などの句が詠まれた。(三島)

関連する人気記事

新着記事