7/20

(SAT)

県大会で逆転優勝 高屋中が全国駅伝に出場

  • 2021/03/16

全国中学校駅伝大会に出場する高屋中男子陸上部のメンバー

 

 東広島市立高屋中学校男子陸上部の9人が12月17~18日、滋賀県で行われる第24回全国中学校駅伝大会に出場する。同中の生徒が同大会に出場するのは3年ぶり。
 出場メンバーは櫛田亘平君(3年)、三浦大志君(同)、戸光優斗君(同)、徳原佑希君(同)、吉崎圭祐君(同)、 本修平君(同)、吉本真啓君(2年)、中尾紳二君(同)、小江幸人君(1年)の9人。ことし11月に東広島運動公園で開かれた中国中学校駅伝競走大会2016に出場。中盤まで高屋中と1分以上の差をつけ、トップで走っていた坂中学校を最終の第6区の小江君が追い抜き、逆転勝利。全国大会の切符をつかんだ。全国大会では地区予選を勝ち上がってきた48校と健脚を競う。
 3年前から同中の陸上部を指導する大瀬戸積監督は「全国大会に行こうと、生徒と話していた。飛び抜けて速い選手はいないが、平均して力があるチーム。全国大会は厳しい戦いになるが頑張ってもらいたい」、キャプテンの櫛田君は「チームをいい流れに持っていけるよう、勢いのある走りをしたい」と話していた。             (小林)

関連する人気記事

新着記事