7/18

(THU)

毎朝仕入れる新鮮な魚が自慢「黒浜定食」を味わう(東広島市安芸津町)

  • 2023/10/16

知りたい、食べたい、みんなのおすすめ東広島グルメ
FM東広島と東広島デジタルユーザーがおすすめする、東広島とその周辺エリアの飲食店やメニューを、FM東広島パーソナリティ・平野朋美が実際に食べて紹介します!

目次

目次

 

瀬戸内海と島の見えるレストラン「黒浜」

外観

東広島市安芸津町小松原の「黒浜」は、瀬戸内海に臨む海辺のレストラン。お店は、大芝島に架かる大芝大橋の近くで、国道185号沿いの呉方面へ向かう黒地トンネル入口前にあります。

懐かしい「ドライブイン黒浜」の看板

レストランの黒浜は、今年で創業55年。看板に書かれた「ドライブイン 黒浜」は、以前の店名。現在は店名を「黒浜」に改めて営業しています。

座敷席からの眺め

店内は、海側に大きな窓があり開放的。4人掛けのテーブル席が並び、店の奥には座敷席もあります。どの席でも、瀬戸内海を眺めながら食事を楽しむことができます。

毎朝仕入れる新鮮な魚が人気の「黒浜定食」

黒浜定食(刺身・煮付け・小鉢・ご飯・汁物・香物) 2,200円(税込み)

黒浜定食は、刺し身、魚の煮付け、小鉢、ご飯、汁物、漬け物のセット。魚はその日に仕入れた新鮮なものを提供しています。

この景色を見ながら、海の幸をいただくなんて幸せ。

刺身

刺身

刺し身は3種類あり、この日は、タイ、イカ、マグロ。厚切りのタイとマグロは、プリプリの歯応え。しょうゆを付けずにわさびをのせて食べてみると、魚そのもののうまさと甘さが感じられます。しょうゆの代わりに塩を少しつけて食べるのもおすすめです。イカは、コリコリとした食感で、甘くて濃厚。すべておいしくいただきました!

煮付け

煮付け

煮付けは、一尾丸ごとのタイ。お皿からはみ出ている迫力にびっくり! ツヤツヤの皮をまとったタイは、身がプリっとしていてジューシー。甘辛い味付けの煮汁がご飯とよく合います。

小鉢

小鉢

小鉢は日替わり。この日は、ナスの揚げ浸しで、じゅわっと味が浸みていておいしい。これもご飯に合います!

汁物

汁物

鯛の旨味たっぷりのお吸い物。中にもしっかり、ふっくらとした鯛の身が入っていました。

和・洋・中・喫茶 豊富なメニュー

定食をはじめ、丼物などのメニューも豊富な黒浜。和食のお店と思いきや、洋食、中華、喫茶メニューと、かなりの数で、さまざまな年代のお客さまに長く愛されている理由のひとつ。「次は〇〇を食べようね。」という、会話が聞こえてきそうです。

インタビュー裏話

本庄 聡さん

お皿をはみ出すほどボリューム感のある「黒浜定食」の煮付けの魚は、安芸津の魚屋さんが毎日届けてくれるそう。調理主任の本庄さんは「たいていいつも、このくらいはみ出てますよ(笑)。魚屋さんは、お皿のサイズを把握して届けてくれているようです。」と笑って話してくれました。地域にも長く親しまれていることがうかがえる、ほっこりエピソードです。お店全体がアットホームな雰囲気で「また来たい。」と思うお店でした。

店舗情報

黒浜
0846-45-0771
東広島市安芸津町小松原5
営業時間
平日 10:30~15:00(L.O.14:30)/土・日・祝日 10:30~17:00(L.O.16:30)
定休日
水曜日(祝日の場合は翌日)

関連する人気記事

新着記事