12/6

(TUE)

赤貝は刺身で食すのが良いでしょう!【西条の有名飲食店・店長が論じます㊵】

  • 2022/05/03
  • 2022/05/03

目次

目次

 

こんにちは!

西条下見にある飲食店の次郎丸、店長の森本です!

私が日々グルメに携わる中で、見たり・聞いたり・感じたことを一筆論じて参ります

今回は「赤貝」のお話し

鉄分やビタミンCが豊富に含まれています!

アカガイは冬から春が旬。春先に産卵するので、栄養を蓄えるこの時期がもっとも美味しく味わえます。

赤貝の赤さは、人間の血液と同じヘモグロビンによるもの。栄養価が高く、たんぱく質が豊富な割に脂肪が少なく、低カロリー。さらに、赤貝に含まれているたんぱく質は、健康維持にとても大切な栄養素ですね。また、鉄分が豊富に含まれているので、貧血気味の人にはおすすめ。鉄分はビタミンCと一緒に食べるのが良いとされています。ビタミンCが鉄の吸収を助け、効率よく摂ることができます。ビタミンCもヘモグロビンも熱に弱いので、赤貝は生で食べるほうが良いですね。

ちなみに、赤貝という名前は「身を切ると赤い血が出る」という由来からだそうです。

こんな健康に良い赤貝を次郎丸では単品料理で「赤貝の刺身」としてご提供中!

写真は赤貝のイメージです。

是非、ご来店の際はお試しあれ☆

(文:和菜亭次郎丸店長 森本)

アイキャッチ

和菜亭 次郎丸

関連する人気記事

新着記事