3/4

(MON)

病に負けず絵描き続ける 戸川さん個展を開く

  • 2021/09/15

個展を開いた戸川武士さん

 

 東広島市高屋町中島の戸川武士さん(67)は5月12日から16日まで、同市西条西本町の西条プラザ2階のプラザギャラリーで絵画20点の個展を開いている。

 これまで絵を描くことはなかった。9年前にくも膜下出血で倒れ入院。手術の末、一命をとりとめた。足は少し不自由になったが右手は動いた。知人などの勧めももあり、同町の児玉伸子さんの絵画教室でリハビリも兼ね絵を習い始めた。それから時間があれば絵に没頭。

 旅行が好きでツアーに参加し、旅行先で描いた絵を会った人にプレゼントし、これまで約2000人。戸川さんは「病に倒れたが、こうやって絵を描いていられることがうれしい。ここまでやってこれたのは皆さんのおかげです」と話していた。

 「面白い。ユニークなとらえ方をして絵に表現している」と戸川さんの師・児玉さん。戸川さんの絵は高屋町の玉椿の湯でも見ることができる。(中浜)

関連する人気記事

新着記事