5/22

(SUN)

男子も女子も郷田小でタグラグビー教室

  • 2013/07/25
  • 2021/06/23

ボールを抱えて走る子どもたち

 

 東広島市西条町郷田の郷GOサタデー実行委員会は7月13日、広島県ラグビー協会と東広島ジュニアラグビースクールの講師を迎え、市立郷田小学校でタグラグビー教室を開いた。子ども約30人と講師陣、関係者の計60人が参加。レクリエーション後、晴天の下で汗だくになりながらもタグラグビーを楽しんだ。
 郷GOサタデーは郷田地区の子どもたちの居場所づくりを目的に保護者、地域、学校が一体となって組織し活動している。月1回のペースで行われ、最近では山登りやホタル観察会など子どもと大人が一緒に活動。
 タグラグビーは危険度の高いタックルをタグ(飾りひも)に置き換え、人とのぶつかり合いがないようにラグビーのルールを単純にしたもの。郷田小3年の溝西紗羅ちゃん(9)は「お兄ちゃんに誘われて来て楽しかった」と笑顔だった。(堀江)

関連する人気記事

新着記事